ALL | カテゴリー STUDY

【第2回「すみません」】❤PINESティーチングスカラーのONEレッスン英会話 ❤

 

前回は文法の話をしたので、今回は混同しやすい表現の話です☆

 

onepointレッスンバナー

 

 

今まで何度もnative speakerやEnglish speaker達に、

「どうして日本人はいつも謝るの?」

と聞かれました。

 

誰かが道を塞いでいて通りづらい時、相手の声が聞こえにくい時などにいつも 謝っている と。

 

...!

.

そうです。

 

日本語では同じ 「すみません」 という言葉なので、混同しやすいのですが、

 

「すみません」 という言い方には “Excuse me” と ”Sorry” という表現があります。

 

“Excuse me”の方が適切な時に”Sorry”と言ってしまったり、その逆もあったり、、、

 

 

というわけで、主な使い分けを説明します^^

 

Sorry

 

“Excuse me”  失礼な事をするが、自分は悪くない

(状況や生理的な事なのでしょうがない)

   例)

        ・人混みを掻き分けて進みたい時

        ・くしゃみ、おならなどをした時

        ・人に呼びかける時

        ・人の注意を引きたい時

        ・人の会話を遮る時

        ・相手の声が聞こえにくい時      など

 

“Sorry” → 失礼な事をして、申し訳ないと思っている

(自分が悪い、自分のミスだと認めている)

 例)

        ・残念に思っている

        ・謝りたい時

        ・人に同情する時         など

 

 

では、くしゃみをした時に”Sorry”と言ったら間違っているのかというと、そういうわけではありません。

もし話をしている途中にくしゃみが出てしまい、会話を止めてしまったら、申し訳ないという気持ちを込めて”Sorry”を使うこともあります。

 

ハッキリとした決まりがないので混同しやすいのですが、上記を参考に、意識をして使い分けてみて下さい☆

 

Yasuna

☆関連ページ☆

ティーチングスカラー紹介

基礎文法クラス(日本人学生用/在学生も可)

公開!!! | スタッフが普段している英語勉強法

************************

講師の実力No.1!!

格安のフィリピン・バギオ英語留学

パインス・インターナショナル・アカデミー

PINES INTERNATIONAL ACADEMY

無料オンライン英会話体験実施中

Tel:+63-917-809-7128
E-mail: pinesjapan@gmail.com
SkypeID : pinesjapan

:

パインス ホームページ
 http://www.pinesacademy.com/jp

*************************