ALL | カテゴリー PEOPLE

【3カ月のフィリピン留学→1番住みたい場所を探して27か国の旅へ】特別インタビュー

~MY CHOICE~ 人生の選択 Vol,3


keiko

僕がパインスに入学したのは2013年9月の事。その時同期でパインスに入学したのが植村けいこさんだった。マニラからバギオまで行く道中、彼女が「フィリピン留学が終了したら世界一周をする」と言った事に驚いたのを今でも覚えている。

その言葉通り、フィリピン留学で英語力に磨きをかけ、親友と2人で世界を周った彼女は、旅の途中何度か死にかけた事や、ヒッチハイクを通じて学んだ事等、刺激的なストーリーをいくつも語ってくれた。

彼女は現在オーストラリアでワーキングホリデーをしており、今年の9月で滞在1年を迎える。

僕が彼女にクローズアップしようと決めたのは彼女が「どうして世界を見たいのか」という問いに対して明確な理由を持っていたからだ。

「世界で一番自分に合う場所を見つけるため」

.S__5808134

そんな彼女のフィリピン留学から世界一周、その後のオーストラリア生活までのノンストップな2年間をインタビューした。

,M:MUSASHI

K: Keiko


.

M世界一周はどうでしたか?どういう経路で回ったんですか?

K:フィリピン留学後、一旦帰国し、日本からインドネシア、タイ、カンボジア、インド、マレーシアを回り、そこからトルコに飛んだの。そこからギリシャ、アルバニア(東ヨーロッパ)と移動して、ヨーロッパのスペインまで陸路で移動、スペインからモロッコには船で渡りアフリカ大陸に上陸。そこから南アフリカまで陸路で旅をしました。

途中お金が尽きちゃって、ワーキングホリデーでオーストラリアに来た感じです。オーストラリアにはお金稼ぎの目的が一番だったんだけど、ここの生活が気に入っちゃってまだ滞在しているって感じです笑 だから、旅はまだ途中ってことになりますね。

M旅の中で一番印象に残っていることは何ですか?

K:旅中に、キリマンジャロ登頂をしました。まだど素人で、一緒に登山をしてくれたインストラクターの人やベテランの人には「本当に大丈夫?」と心配させてしまった程です。

その時に出会った日本人の20歳の方が特に印象に残っています。彼は登山中にひたすら私達を元気づけてくれました笑
やっぱりキリマンジャロは素人が登るものではなかったらしく、数秒に一回立ち止まり、数歩歩き、また立ち止まりを何度も何度も繰り返しました。耐えられなくて、しばらく動けなかったこともありましたよ。
そんな時、彼が一生懸命励ましてくれました。彼がいなかったらキリマンジャロ登頂は成功しなかったと思います笑

正直、本当に何度も死にかけたんです。人生で一番やばかったと思います笑

辛すぎて、少し記憶がないし、半分失神していたほどです笑 さすがに、零下30度は堪えました…携帯も凍りついちゃって、壊れちゃった笑

本当に、3歩歩いては吐いて、その繰り返しでした。毎年死人が出るところなのに、自分でもよく頑張ったと思います笑

S__5800039

Mそんな危険な山なのに、よく登ろうと思いましたよね笑

K:旅中にはやりたいと思ったことはなんでもやったんですけど、本当にやらないと後悔するって気持ちで、半分勢いで決断しました。

勢いでの決断だったけど、全く後悔はしていなくて、キリマンジャロの頂きに到着した時は宇宙を見た感じがしましたね。今でも強く覚えています。

S__5800038

K:正直、世界を回っている人みんなにやってほしいと思う。
キリマンジャロにバックパッカーが集まる、モシという町があってそこの現地のインストラクターと一緒に行かないといけないんです。
バックパッカーの集まる宿でその日本人とも登山家とも出会いました。そこでの出会いも本当に大切な思い出ですね。

S__5800040

※ちなみにキリマンジャロはタンザニアにある最高峰の成層火山で、標高はなんと5895m富士山が3776mなので単純計算で富士山の1.5倍ほどある山を登ってしまったんです。。凄い!

M他にも思い出に残っている事はありますか?

K:意外と移動の際のヒッチハイクとか思い出に残ってるんですよ。

私たちは合計27ヵ国100万円で回る計画をしていて、とにかくお金がなかったんです。

ヒッチハイクはできたんだけど、道中8時間とかはあったりするし、その間はもちろん、ドライバーさんとひたすら英語で話をしないといけなかったんです。

寝るのも、失礼だしね笑

相手の話もしっかり聞いてこちらも話をしないといけないから、ヒッチハイクの経験は本当に英会話というものを実感させてくれました。

S__5931019

M旅行で役立ったものとかありましたか?

K:他には、カウチサーフィンというサイトを結構利用しました。

日本ではまだまだ有名ではないけど、ヨーロッパ圏では結構利用されているんです。

どんなサイトかというと、Air bnbのようになっていて、ポイントは現地の素晴らしい人と出会えたり、異文化交流ができたり出来るんです。

中には凄く仲良くなって2週間ぐらい宿泊をさせてもらったりもしました。

お互いの国について深く語り合ったり、今も連絡を取っていたりするんです。

それほど、素敵な出会いができて、旅中は本当に多用しました。

すごく役に立つの!トルコからカウチサーフィンを始めたんだけど、本当に貧乏旅行におすすめです笑

M:今いるオーストラリアでのワーキングホリデーはどうですか?

K:オーストラリアのタリーと言う町で、バナナ農園で農業の仕事をして、その農園近くのバックパッカーのオーナーの家に住んでます。そこで台湾人と一緒にルームシェアをしています。

私の住んでいる所はオーストラリアのシドニーとか、ゴールドコーストみたいな大きな町ではなくて、かなり小さな町なんです。周りにはバナナしかないぐらい笑 でも韓国、フランス、パプアニューギニア、ドイツ、イタリア、イングランド、台湾とすごく多様な国籍の人たちが集まる町なんです。

S__5808142

K:1番気に入っているのは居心地が本当に好いこと。

私は大きな町よりも小さな町が好きだったからそれもあっていました。大きな町にいるとシェアメイトや友達との生活のスタイルや仕事が全く違くて、休みが合わないと思うんです。

でもこの町はほぼすべての人が農業に従事していて、生活スタイルが本当に同じです。勤務時間は朝から夕方ぐらいまでと決まっていて、そのあとはいつものメンツで集まってパーティーをしたり、毎週金曜とか土曜はパーティーですよ笑
だからこそ、人と会う機会は多くてそのみんなと一緒に入れるという感覚が本当に好きなんです。

S__5808143

友達は本当に多国籍だし、日本人のシェアハウスにいって日本人しか友達ができなかった友達とかを知っているけど、私はもっと多国籍の友達と仲良くなりたかったので…

M:ワーホリや海外留学で日本人と親しくするのは避けるべきだと思いますか?

K:そんなことはないと思います。

私が思うのは、どこの国に行っても日本人はいるけど、日本人という民族は私の中でも素晴らしいと思うし、オーストラリアで出会った日本人はみんな素晴らしい人ばかりでしたよ。

国籍で物事を考える事も大切かもしれないけど、出会った全ての人に感謝して、出会いを大切にした方がいいと思ったんです。
ストイックに日本人を避けるのも悪くないと思うんだけど、出会いは大切にしたいですよね。

M: 世界で一番自分に合う場所を見つけるための旅をする」という選択をしたからこそ、捨てたこともあるんじゃないですか?仕事とか、日本で過ごせたであろう時間とか。

K:確かに、世界に出るにあたって、仕事も辞めなければいけなかったし、お金を貯めるのも大変だったので決断するまでは大変でした。

でも世界に出ちゃってからはどんどん新しい価値観を吸収して、今まで日本にいた時とずいぶん価値観が変わった気がするんです。

海外に出たことによって日本にいた時の自分の真面目過ぎる考え方から解き放たれたかなと思うんです。

海外に出ると、様々な外国人と会うんだけど、決まって皆「やりたいことがあるのになんでやらないの?」っていうんですね。

今は、生きていく上で迷ことなく、自分がやっていきたい事を信じて、アンテナを立てていきたいと思っています。

M今後はどうしていく予定ですか?

K:今の生活がすごく気に入っているから、セカンドビザをとってオーストラリアにもう少し居ようと思っています。もしかしたらオーストラリアで永住権もあるかもしれないです笑
でも、今の所どうしてもオーストラリアに住みたいわけじゃなくて、というのも、やっぱり英語の訛はあるし、この町は小さいからか、英語のアクセントが少し違かったりするんです。

なので少し視野を広げてニュージーランドとかアメリカにもいってみようと思っています。
でも新しいスキルも身に着けたいから、オーストラリアのリゾートとかで働くことも考えています。

Mそれでは最後に!今の夢を教えて下さい^^

K:自分の最高の場所を探す事。
自分の人生、出会いを大切にノンストップで生きていこうと思う!!

20150724_3880


彼女の旅はシンプルな理由ではあるがスケールの大きい話で、女性が行うのは少し危険とも思うが、辛かった思い出も楽しく語る彼女の話を聞いて、自分も世界を旅してみたいと思ったし、学生にもして欲しいと思った。また、留学で学んだ英語はリアルな場で使って初めて活きてくると改めて感じた。

世界を旅する」という選択をした彼女の話が皆さんの選択の一つのきっかけになればと思う。


【バックナンバー】

Vol,1 英語初心者から7か月でオーストラリアの店長へ

ohira

Vol,2 紆余曲折を経て有名ホテルレディーへ

tajima maho

.、、

************************

パインス・インターナショナル・アカデミー

PINES INTERNATIONAL ACADEMY

格安のフィリピン・バギオ英語留学

あなたの英語のレベルに合わせて優秀な講師陣とマンツーマン授業

本気で英語力をつけたい人に選ばれています!

無料オンライン体験実施中”

Tel:+63-917-809-7128
E-mail: pinesjapan@gmail.com
SkypeID : pinesjapan

:

パインス ホームページ
 http://www.pinesacademy.com/jp

*************************