ALL | カテゴリー TRAVEL

格安セブパシフィック東京、名古屋に進出!!┃フィリピンお得情報

2014年3月30日からフィリピンのセブパシフィック航空が東京、名古屋間の便をスタートしました!!

 

 

????????????????????????????????

セブパシフィック航空はは2011年現在、フィリピンにおいてフィリピン航空を抜き最大の航空会社です。同社は典型的LCCのポリシーを発表していて、機材や整備、予約システムなどのハード面にお金はかけて、無料の飲食、無料預入手荷物、紙チケット、マイレージプログラムなどは実施しないでその分、航空券価格を安く提供しています。【wikipedia】

セブ・パシフィックは、大阪/関空便も、2013/12より毎日就航になりました。
また、2014/03より、東京/成田(毎日)、名古屋/セントレア(火,木,土,日)の就航が決定しました。

◆大阪/関西:

【往路】20:40 Osaka (Kansai) –  23:50(Manila)
【復路】15:20  (Manila) – 19:55  Osaka (Kansai)

◆東京/成田:

【往路】11:45 Tokyo (Narita) – 15:45 ( Manila)
【復路】05:25 (Manila) – 10:35 Tokyo (Narita)

◆名古屋/セントレア:

【往路】11:45  Tokyo (Narita) – 15:45 (Manila)

【復路】05:25 ( Manila) – 10:35   Tokyo (Narita)vol14_16

Googleでセブパシフィックに関する情報をまとめてみました。

セブパシフィック航空の予約の際の注意事項

セブパシフィック航空のサイトのつくりが少々、脆弱のようす^^; ですので、サイトを利用して予約する際の注意事項をまとめました。

  • サイトの軽い時間帯を狙うのがオススメ(夜間~早朝がベスト)
  • 英語版のサイトにて予約・購入する⇒https://www.cebupacificair.com/
  • ブラウザはインターネットエクスプローラー(IE)を使用する
  • カードの認証サイトと親和性の高いカードを使用する【VISA or MASTER】
  • 入力した旅程日と一致した検索結果が出るとは限らないので日付を良く確認する(※毎日就航では無い場合)
  • 名前・生年月日・メールアドレスを正確に入力する。(そして、慎重に)

セブパシフィック航空の予約

  • 【往復より片道で!!】往復で買うより、片道ずつ買った方が安い場合があるので、とりあえず片道単位の値段と比較し手見て下さい。
  • 2名以上で予約する場合は、プロモーションの残席が1席だけの場合もあるので、1名単位でも検索してみます。プロモーション期間中に改めて席の割り当てがある場合もありますので、その時に残りの席を確保します。ダメなら、(プロモ価格+通常価格)で折半しましょう。
  • 【空席が無くなっても再度チェック!!】プロモーション価格の割り当てが復活する場合もあるので、時々チェックしてみましょう。
  • キャンセルや日程変更は、ホームページから行えますが、変更するより買い直した方が安いようです。良く比較しましょう。そもそも購入代金の返金は諦めましょう。※ただし日本の空港利用税は戻ってきます。払い戻しは3カ月位後です。
  • プロモーション価格の情報などは、メールでゲットします。以前は、Seat Sale Alert!から、メールアドレスを登録するとアラートメールが受信できていましたが、現在は、CEBU CLUB にユーザー登録し、My Profileにある”□ Subscribe to Low Fare Alerts and exclusive online promotions from Cebu Pacific.”のチェックボックスをONにすることで、メール配信されます。但し、メール(もちろん英文)を受信しているからといって特別に安く買える訳ではありません。※情報の入手のみ。
  • カードの認証サイトまで行って最後にエラーになった場合は、カードの期限とか裏の3ケタが間違えている可能性があります。しかしその画面では、理由が判りません。カード情報を入力した後は必ず画面のハードコピーを取っておきましょう。間違いが無ければ、とりあえずカード会社デスクに電話してみるのもいいかも知れません。カード会社からの指示を仰ぎましょう。(*1)
  • 搭乗者以外の他人名義のカードでも購入できますが、チェックインカウンターで提示を求められる場合があるとか、ないとか・・・オススメしません。
  • カード情報として入力する、”issuing bank”名は、カード裏面にある会社名をローマ字で入力していれば問題ありません。ここは認証に必要な情報でもないので。。。私は、JALカードをメインに利用していますが、いつも、”JAL”としか入力していません。(笑
  • 旅程が近いと、他の航空会社より割高になる場合もあるようです。他社とも良く比較しましょう。
  • 座席ピッチが狭いと感じるなら、予めEXIT ROWを予約しておきましょう。ほんの数百円加算するだけです。※真っ先に脱出もできます。(嘘)他の搭乗者の誘導の義務と、意思疎通できる程度の英語(or タガログ語)が喋れないといけません。
  • 7Kg以上の預け入れ荷物がある場合は、あらかじめ超過分を支払うことで20%程度安くなります。(後述)
  • 予約完了時に表示されるチケットは印刷するか、その画面のハードコピーを残します。予約時のメールアドレスが間違っている場合の対策と、予約番号の控えの為です。それと、フリーWEBメールを利用している場合は、メジャーなメール提供会社であっても肝心な時にズッコケテていて使えない場合もあります。
  • 予約後のメールが来ない場合もあるようです。先ずは迷惑メールホルダーに振り分けされていないか確認します。メアドと予約後の6桁の英数字だけは、書き留めておけば問題ありません。ここの下行の方に、NOT A MEMBER?とあり、 options below で確認できます。
  • 一度予約してしまったチケット代金は、ほぼ戻らないと思ってください。
  • 失敗体験談のサイトです。「セブパシさんの恐怖・・・

(*1):ノンバンク系の一部のカード会社では、セキュリティ上の関係からフィリピンなどの国外からの認証をはじいている場合があるようです。どうしても認証で失敗する場合は、一時的に数日間だけこのセキュリティチェックを外せば予約できるとの情報もあります。

フィリピンへの航空券購入を考えている方はぜひチェックしてください。

vol14_16

パインス・オンライン英会話┃無料トライアルキャンペーン実施中オンライン英語


正しい英語教育・フィリピン英語留学
Pines International Academy

パインスへのお問合せはこちら
E-mail:pinesjapan@gmail.com

パインスのファイスブック

www.facebook.com/PinesInternationalAcademy

パインス現地スタッフのブログ^^
http://pinesjapan.wordpress.com/

パインスHP
http://pinesia.com

パインスへのお申込みはこちら

http://pinesia.com/pia23