ALL | カテゴリー PEOPLE

ファッション業界と語学力の関係性

2007103102-01ctn_course_study_box01_01

本日は私の興味があるファッション業界における英語がふと知りたくなり簡単にまとめて

みました。

今や、日系企業でも英語力がマストといわれる時代、ファッション業界の転職活動に

おいて、「語学力はどれほど重要視なの!?」と、やはり気になるところだと思います。

まず、外資系を希望されるのであれば「英語力は必須能力の1つ」と思っていたほうがよいでしょう。
外資系企業でも、もちろん英語を必要としないポジションもありますが、特に「将来的

に、外資系企業でキャリアップをして行きたい!」と考えると、英語は絶対的に必要です。

さらにポジションによっては、採用の際に本国との英語面接が必須の場合もあります。

外資系企業ですので、仕事をしていく上で本国とのコミュニケーションは必然的に英語

になりますし、上司が外国人の場合、上司と英語でコミュニケーションするのはもちろん

マスト。さらに当然ながら外資系企業では各種書類や社内メールが英語で書かれたも

のが少なくありません。つまり、最低限英語の読み書きができないと仕事にならないわけです。

では、どれくらいのスキルが求められるのでしょうか。

一般的には、TOEIC700点以上あればビジネスレベルといわれています。外資系企業

への転職を目指されるのであれば、まずはこの点数を目指して英語力を伸ばす努力が

必要でしょう。

images 1185217_589641994407284_863832138_n

対して、日系企業の場合はそれほど語学力を心配する必要はありません。

英語を使うシーンとしては、生産管理のポジションで海外の工場とのやりとりをする場合

や、海外営業で展示会や現地での指導をするときなどか考えられます。

しかし、日系企業のバイヤー職は、現地コーディネーターや商社が間に入るので、英語がなくても大丈夫なパターンがほとんどなのでご安心を。

ただ、仕事に直結するしない関係なく、今後のキャリアアップの1つとして

英語力はあって越したことはありません。